なぬっ!Amazonで中古本の買い取りサービス開始。1冊から買い取り可能

シェアする

060401

用がなくてもamazon.co.jpをふらふらして、おもしろそうな雑貨を見つけてはひとりほっこりしているamazon大好き管理人のごろんちょでございます。

そんな大好きなamazon.co.jpで、なんと古本の買い取りサービスが始まりました。

Amazon 本買取サービス

スポンサーリンク

1冊から買い取り可能

060402

ものにもよりますが、本は出版されてからすぐであればあるほど高く売れる傾向があります。

発売と同時に買って、読み終えたらすぐ売却。

そんな形が理想なのかもしれませんが、ものすごい読書家ならともかく私なんぞではそうそう本はたまりません。本がある程度たまったら売ろうかな、なんて思っていると、あっという間に旬の時期が過ぎてしまいます。

1冊ずつ売ればいいのでしょうが、さすがにこれはちょっと気が引けます。

ところが!

「Amazon 本買取サービス」なら1冊から本を売ることができます。買い取りを申し込めば自宅まで<無料で>集荷に来てくれます。

古本を、1冊から、しかも無料で集荷……いったいどんな仕組みになっているのかわかりませんが、便利なことこの上ありません。

買い取り価格が事前確認できる

たいていの古本買い取りサービスは、商品の査定金額を見るまでは、自分が売った商品がいったいいくらになるのかわかりません。

結果をきいてはじめて、

おっ、こんなに!とか、えっ、これだけ……とか思うわけです。

ところがAmazonでは、事前に買い取り価格を確認することができます

たとえば買取サービスのページから近頃話題の又吉直樹の「火花」で検索をかけると

060403

こんな感じで検索結果が表示されます。「買取申込」ボタンをクリックすると

0604

申し込み中の商品として追加されます。またこのページで商品のコンディションを選ぶことができるのですが、コンディションごとの買取価格もあらかじめ表示されているので、納得の上申し込むことができます。

この価格では……と思えば、書影左側にある「削除」ボタンを押すだけで、さくっと削除することができます。

1冊ずつの買取依頼は面倒?

060405

商品の買い取り価格を検索してから、1冊ずつ買取申し込みをする形なので、引っ越しなどで出た大量の本を一気に処分したい、などといった場合にはやや不向きなサービスかもしれません。

また検索結果に表示されない本は、古本として買取申し込みをすることすらできないようになっています。

我が家にコミックの「ドラゴン桜」があったので試しに検索してみたのですが、全巻セット以外は表示されませんでした。10巻程度までは買い集めてあるので、これはこのままほかの古本屋さんに持って行くしかないようです(ほかでも値段がつくのかどうかはわかりませんが、捨てるよりは気分的にいいので)。

そんなわけで、用途によっては使いづらい面もあるかもしれませんが、個人的には1冊ずつの買取申し込みは「この本いくらになるかなぁ」といったくじ引き的なわくわく感があって、決して嫌いではありません。

査定は24時間以内、ギフト券支払い

査定は商品受け取り後24時間以内(早っ!)。買取料金はアマゾンのギフト券として自分のAmazonアカウントに自動で登録されます(初回のみ古物営業法上の本人確認が必要なため、銀行振り込み)。

万が一状態が良くなく、買取不可となった商品が発生した場合は、希望すれば配送料無料で返送してくれます。

6月30日まで500ポイントプレゼント

6月30日までのキャンペーンとして、1回の申込みで3商品以上の買取が成立した場合は、Amazonポイント500円分がもえます(ひとり1回のみ)。

まとめ:買取の流れ

060406_1

  • Amazon買取サービスにアクセスします。
  • 売りたい商品の買い取り価格を検索。
  • 売りたい商品が表示されたら「買取申込」ボタンをクリック。
  • 商品のコンディション・状態をチェック。
  • 集荷先住所を選択(入力)し、集荷希望日などを入力。初回のみ銀行口座の入力。
  • 「買取申込の確定」をクリック。
  • 買取申込書をプリントアウトして署名。
  • 書籍(DVD、CD、ゲームソフトなども買取対象)と一緒に身分証明書のコピーと買取申込書を梱包。
  • 商品引き渡し。
  • 査定、代金分のギフトカードがアカウントに自動で登録(初回のみ銀行振り込み)。

文字で書くと何やらややこしそうですが、実際に買取依頼をした時には、おそらく画面の指示通りにするだけで、簡単に申込みが完了してしまうのではないかと思います。

近いうちに利用してみようっと♪

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする