Amazonプライムビデオ開始!ソニーBRAVIAのネットワーク機能があれば接続方法なんて考えずにすぐに見られる

シェアする

092404
⇒Amazon プライムビデオ

9月下旬のスタートが予告されていたamazon.co.jpのプライム・ビデオが2015年9月24日についにスタートしました。

スポンサーリンク

Amazon プライム・ビデオとは

簡単におさらいしますと。

Amazonのプライム会員向けの動画配信サービスです。

Amazonプライム

年会費3900円(税込)を払って会員になると商品を購入をした時の「お急ぎ便・お届け日時指定便」を何度でも無料で使うことができます。

また、対象のKindle本を1ヶ月に1冊無料で借りることのできるKindleオーナーライブラリー、食品や日用品などの低価格商品をひとつから購入することのできるAmazonパントリー、会員限定先行タイムセールなどのサービスを受けることができます。

私はお急ぎ便が無料で使えることが魅力でプライム会員になったのですが、最近では次から次へとサービスが拡充されています。

そうして今日、満を持しての「プライム・ビデオ」の開始となりました。

対象は1,500作品超

2015年9月24日時点での対象作品は1513作品。有料のAmazonビデオでは14,244作品が提供されているので、全体の約1/10の作品をプライム会員なら実質無料で見られるということになります。

この作品数を多いとみるか、少ないとみるかは個人の価値観……というか見たい作品がプライムに入っていたかいなかったかで、ずいぶんと感じ方が変わって来るかと思いますが、少なくとも私はまずまずのラインナップではないかと思っています。

ネット系のネタに強い印象のあるEngadgetの速報記事で

『見放題の対象となるコンテンツにはプライム・ビデオと明記しており、すべてのコンテンツが見放題というわけではなさそうです。』

『すべてのコンテンツが見放題でないのが若干肩透かし感がありますが』

と書かれていたのには非常に驚いたのですが、Amazonビデオにラインナップされている作品がすべて見放題になると思われていた方は案外と多かったのでしょうか。

もしそうだとすれば、最初の期待がとても大きくなっいますから

たった1,500作品だけ?

と思ってしまう人もかなりいそうで、少し心配です。

ちなみに米国のAmazonではAmazonビデオが107,608作品であるのに対して、プライム対象が19,006作品と全体の約1/6の作品が対象となっていますので、日本のAmazonプライムビデオももう少し本数の増える余地があるように思います。

Amazonプライム・ビデオの視聴方法

当初は、テレビとすでに手元にあるFireタブレットを接続して大きな画面で視聴しようと考えていたので、Amazonのヘルプを参考にしてみました。

Fireタブレットとテレビなどのディスプレイを接続する方法

ですがね、このヘルプをみても、そもそもが自分のタブレットがどのバージョンなのかすら良くわかっていないわけですよ。ご丁寧に「Fireタブレットの見分け方」なんてページもあったりするわけですが、見れば見るほどがわからなくなって来ましてですね。

最終的には、自分の購入履歴をたどって機種を特定しました。「Kindle Fire HDX 8.9」でした。

この機種の場合はMiracastとやらによる接続が可能だそうでヘルプページの「Fireタブレットの画面をテレビなどのディスプレイに映す」をさらに参照。

どうやらこの機能を利用するには、テレビのほうも対応している必要がありそうだな……というところまで理解したところで、ふと思い当たったことがありました。

そういえば、家のテレビ(ソニーのBRAVIA)ってインターネット対応だったよね、ってことに。

もうどれだけ遠回りしてしまったことか。

092601

というわけで、Youtubeを観る時の要領でリモコンの「SENボタン」をポチッと押して、ネット用のアプリが並んだ扉ページにアクセス。

HuluやNetflixなどの動画配信サイトに並んで、ありました、ありました、Amazonビデオのアプリが。

このアプリから普通にAmazonビデオにアクセスすることができ、そこからプライム対象の作品を探して視聴すれば、もはやテレビを観ているんだが、ネット配信の動画を見ているんだか、その境目なんて全くわからなくなってしまうほど快適です。

もしも家のテレビがネットに対応しているようでしたら、HDMIケーブルを買おうかなとか、Fire TV Stickにしちゃおうかなとか考える前に、テレビから直接アクセスする方法をためしてみることをオススメします。

というわけで、とっても気軽に楽しく観ることのできるAmazonプライム・ビデオなんですが、そのうちに観ることが習慣化して、もっと色々みたいから有料のAmazonビデオを観ようかな……なんて展開になりそうな予感がちょいとばかりしています。

こうしてまた、Amazonの罠にはまって行くのですね……。まっ、楽しいからいいか。

Amazonプライム・ビデオ

シェアする

フォローする

スポンサーリンク