紀里谷和明のミニマリスト的生活

シェアする

 

 

2015年11月14日に公開された紀里谷和明監督の初のハリウッド映画「ラスト・ナイツ」。

映画の宣伝のためにかなりの数のテレビ出演をしているようで、最近ではその姿を見かけることがめっきり多くなりました。

スポンサーリンク

しゃべくり007に紀里谷和明が登場

2015年11月16日放送の「しゃべくり007」に紀里谷さんが登場しました。

紀里谷さんと言えば、宇多田ヒカルさんの元夫ということで有名です。

ご本人もその過去を隠すつもりは全くないようで、自身の出世作として必ずといっていいほど宇多田ヒカルさんのミュージックビデオを取り上げています。

そのビデオを観るたびに、いい夫婦だったんだろうなぁ、と思います。

8年前の2007年に離婚をしているので、紀里谷さんの中では過去の出来事としてしっかりと整理されているのでしょう。宇多田さんもすでに再婚されていますし、本当に、本当に過去のお話なのですが、外野である私のほうが、何となく未練を覚えてしまうという……はた迷惑なおばちゃんです(笑)

番組の中では「紀里谷和明の変人すぎる生活」としてミニマリスト的片鱗を見せていました。

ミニマリストになった理由について番組では触れられていませんでしたが、他のメディアによると、離婚がきっかけだったようです。

離婚後、大豪邸にひとり取り残された時に、自己嫌悪で次々と物を捨てていったのだとか。

最近の紀里谷さんって、イメージしていた紀里谷さんとずいぶん違うな、本当はこういう人だったのかな?と思っていたのですが、ひょっとしたら本当に途中から変わったのかもしれません(想像ですが)。

食に全く興味なし

豪遊しているイメージがプンプンなんですが、食事にはまったく興味がないそうです。

今は魚を食べるようになったそうですが、5年ぐらい前までは肉も魚も食べないベジタリアン。

「何を食ってたんですか?」

とくりぃむしちゅーの上田さんに問われ、返した答えが

玄米と、豆腐とか、野菜とか、あとジュース。

ジュースだけ10日間とかもあったそうです。

食に興味がないことよりも、ジュースだけで10日間も過ごすことができるのかと、そちらのほうが気になってしまいました。

ちなみに

断食3日とか、全然平気だし。

とのお言葉も。

洋服は4着だけ

「厳密に言うと、4セットアップですね」ということで、紹介されたその4セットアップは

・夏用スーツ
・冬用スーツ
・タキシード
・カジュアル(ジーンズとパーカーのセットアップ)

以上。

夏用スーツは最近テレビ出演が多いために新たに買いそろえたもので、以前までは3セットアップで過ごしていたそうです。

離婚というターニングポイントもあったようですが、番組で語ったところによると

「途中から何やってんだろうと思って来る」

「買ったってまた新しいの出るわけじゃないですか。で、だいたい同じじゃないですか。」

との鋭いご指摘。

「とにかく削って、削って、削ってってやってったらそうなった。」

物欲全くないです。欲しくないです、なんにも

お見事です。

日本では車も持っていないそうですが(アメリカにはある)移動手段としてバイクは持っているそうで、こちらは高級なハーレー。

何も買わない、欲しくない紀里谷さんから「ハーレー」という言葉をきいて、なぜかほっとした私(笑)

けれどほっとしたのもつかの間。

キャンプもバイクも冬用のスーツを着るという紀里谷さんに有田さんが

「もっと楽な格好あるじゃないですか?」

と質問すると

「そうなると服が増えて来るじゃないですか。」

と一蹴。

「だから考えたんですよ、どうすればバイクにも乗れて、野宿ができたり、ディナーとかもいけるかと。冠婚葬祭も行かなきゃいけない。本当は一個でおさめようとした

マジですか……。

4セットアップでも十分に凄すぎるんですが、それを1つにしようと考えていたとは。

15歳で単身渡米というのもかなりぶっ飛んでいると思っていましたが、1着で済まそうとするのも、普通では出てこないようなアイデアです。

何事も思い立つと究極まで突き詰めて行きたくなってしまう性格なのかもしれません。

映画の宣伝が終わったら、またテレビからは姿を消してしまうのかもしれませんが、どこかの局のどこかの番組で、定期的に密着をして欲しい監督さんです。なんだか、まだまだ変化を続けていきそうな、そんな気がします。

以上、紀里谷和明のミニマリスト的生活でした。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク