これはうれしい!文春ミステリーベスト10が電子書籍なら無料で読めます

 

 

昨年に引き続き今年(2015年)の「週刊文春ミステリーベスト10」が電子書籍化されました。

しかもうれしい無料。

Kindle価格 0円

です。

サイト上にベスト10が掲載されているだけでもなかなかの太っ腹だなぁ、と思っていたのですが、更に電子化して、しかも無料で配布してしまうという。

電子化と同じタイミングでライバルの「このミステリーがすごい!2016年版」が発売になったわけですが、これってやはり狙っているのでしょうか。

狙ってますよね、うんうん、きっと狙ってる。

このミスが562円するのに対して、文春のミステリーベスト10は無料ですから、普通に考えるとミステリーベスト10だけでいいかな、と思う人がたくさん出てきそうです。

でもって、多くの人が手に取るってことは、SNSなどで話題として取り上げる人が増えるってことでもあって、年末のミステリーランキングは「文春のミステリーベスト10」で決まりっ!って流れができる……か……も?

とは言っても、やはり大切なのはランキングの妥当性で、どちらのランキングがより読者の感覚に近いものになっているか、そこの部分も大きいように思います。

ちなみに今年はこのミスもミステリーベスト10も1位は米澤穂信さんの「王とサーカス」になりました。

昨年の「満願」に引き続いての連覇。強いです。

さてさて。

ミステリーのランキングも出そろったところで、いよいよ年末ですね。年末年始の準備を早めに終えて、あとはリビングでぬくぬくとミステリー小説を読むのが、私の至福のひとときです。

……。

はい、そうです。

ご想像通り、早めに終えるってのがなかなか出来なくて、いつもドタバタしちゃってます。至福のひとときって言うよりも、理想のひとときですね、完全に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク