折り紙で簡単に作れる桜の切り紙2種

シェアする

021322

折り紙を折って、ハサミでチョキチョキと切ると簡単に出来上がる桜の切り紙です。

なんてことはない紙工作なのですが、それでも自分の手で桜の形を作り出すと、春がほんのちょっぴり近づいて来たような気がして、ふわっと楽しい気分になります。

まっ、私が単純なだけなのかもしれませんが(^^;)

スポンサーリンク

桜の切り紙の作り方

5枚の花びらが形良く切り出せるように、まずは折り紙を折りたたみます。

021301

青線で谷折り。

021303

底辺の中央部分に目印となる折り線を付けます。この時、点線部分には折り線を入れないで下さいね。黄色い部分だけ折るようにして下さい。

021304

赤丸同志が重ねたら、ここでも同じく黄色い部分だけ折ります。

021305

三角形のてっぺんの赤丸を先ほどの折り線位置にあわせたら、もう一度黄色い部分だけを折ります。

021307

青線で谷折りをします。

最後につけた目印部分(赤丸)と底辺の赤い部分が接する位置を目安にします。

021309

赤い線と線とが重なるように折ります。

021311

青線で谷折りします。

021314

基本の形が出来上がりました♪

今度はここから桜の花びらの形になるように切っていきます。

021315

黒線の位置で切ります。

慣れればフリーハンドで切れますが、最初は折り紙に線を引いてから切ったほうが失敗が少ないと思います。

線を引く場合はあとで線が見えてしまわないように、折り紙を折る時に紙を裏返しにしてから折り始めます。

021317

こんな形に切れました。

021318

桜!

2枚、3枚と作って行くうちに感動は薄れてしまうんですが、一番最初に広げた時は、

おおっ!

ってな感じでけっこううれしかったりします。

021316

もう少し凝った形にしたい場合はこちら。

今度は線の部分のみ残して、中も切り抜きます。

021319

こんな感じ。

これのどこが桜なんだろう、と思うような地味な姿なんですが、広げると……。

021320

ちゃんと桜になっています。

021321

色違いやサイズ違いで何枚か作ると、にぎやかになって来て楽しさ倍増。

簡単にできますので、よろしければぜひ一度お試し下さい。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク