YouTuberヒカキンのぴかぴか新居はミニマリストの対極にあった

シェアする

 

 

人気YouTuberとして、今や億のお金を稼ぐと言われるHikakin(ヒカキン)さん。

1年3ヶ月を過ごした前の家は「買ったものだらけで家が倉庫みたいになった」という理由で「物置の大きい部屋」に引っ越したという動画がアップされていました。

「買ったものだらけ」というのは、恐らくは動画撮影用の「ネタグッズ」のことだと思うのですが

モノを整理するんじゃなくて、そのまま引っ越しちゃうのか!?

とちょっとした衝撃を受けたのは言うまでもなく。

家バレしたから引っ越すんじゃないかと考えている視聴者さんもいましたが、ひとまずヒカキンさんの言葉をそのまま信じると、モノにはあわせて家を変えるのは、ミニマリストの超対極にある行動なんじゃないの?との思いが浮かび上がりました。

新居もミニマリストの対極なのだろうな、と思っていたところ、これがもう想像を裏切らない豪華さだったので、こちらで紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヒカキンさんの新居

長い廊下
112709

玄関側から奥に向かって撮影したのでしょうか。長い廊下の左右には、いくつもの扉が並んでいる模様。

絵を描く時の遠近法の練習にでもなりそうな奥行きです。

リビング
112710

ど派手なソファが目をひくリビング。

前の家に引っ越した時に購入。ヒカキンさんがセカオワハウスで一目惚れしたしろものでHALOというブランドのソファです。お値段は二人がけで52万9000円、2.5人がけで63万7000円。

一人がけソファとスツールもありますから(たぶんカーペットも)、ソファセットだけでざっくり100万円くらいでしょうか。

TIMOTHY OULTON BY HALO BENSINGTON 2P/2.5P SOFA(VELVET PATCHWORK BOHEM) / ティモシー・オルトン・バイ・ハロー ベンジントン 2人掛け/2.5人掛けソファ(ベルベットパッチワークボヘム) – 【FLYMEe】

テレビ
112711

こちらも前の家で購入した液晶テレビ。

上京してきてからずっとTVなしで生活していたヒカキンさんの7年ぶりのテレビはいきなりの成功者仕様。

東芝の4K REGZA 84インチ!

このサイズのテレビを適正距離で見ることのできるリビングですから、かなり広さであることは間違いありません。

う、うらやましくなんか……(涙)

IH調理器・クッキングヒーター
112712

ピッカピカすぎて何だかよくわからなくなっていますが、IH調理器です。

オープン&食洗機
112713

この新居が賃貸なのか分譲なのかは知りませんが、前の家にもオーブンと食洗機はついていたそうなので、たとえ賃貸でも高級物件にはついているんですね。

転勤族で各地を転々とした私ですが、オーブン&食洗機付きの物件には一度も出くわしたことがありません。なんだったら、この設備って分譲限定だとばかり思っていたくらいに、ちらりとも見かけませんでした。

住んでいる世界が違うというのは、こういうことを言うのかもしれません。

仕事部屋
112714

1日に何時間も動画の編集作業をするそうです。

楽しいことをちょちょっとやって、簡単に稼げるユーチューバーっていいな、なんて思いがちですが、かなりの努力の積み重ねであることがうかがえます。

つい最近、ヒカキンさんは体調をくずして入院したていたのですが、退院当日からすぐさま動画アップを開始して、イベントやら引っ越しやらが続く忙しさの中でも、動画は途切れることなくアップされ続けました。

仕事だから当たり前と言われればそれまでですが、強制力の少ないユーチューバー生活でこれだけ頑張り続けられるというのは、ある種の才能。すごいことだと思います。

物置部屋
112715

「物置の大きい部屋に引っ越す」と言っていた「物置」がここかと思われます。

寝室
112716

いたってシンプルな寝室……に見えますが、リビングなどの豪華さに目がおかしくなってるのかもしれません。

ベッドはシングルサイズではないようですから、この部屋だってそれなりの広さはあるはずです。


ヒカキン新居紹介!引っ越し完了! – YouTube

ぴかぴか VS ミニマル さあどっち?

やらなければいけないこと、考えなければいけないことが、うわーっと一気に襲いかかってくると、もう何もかも面倒になって、すっきりとした暮らしに憧れます。

ミニマリストという言葉を知ったのはちょうどその頃でしょうか。

生活がシンプルになるだけでも、とてつもなく素敵なことのように思えました。

お腹の弱い私には絨毯のないフローリング生活は無理ですが、モノを減らしたくて減らしたくて仕方がない衝動に駆られていました。

ですがね。

ヒカキンさんのようなぴかぴか生活を目の当たりにすると、こういうのもやっぱり悪くはないな、と思う自分もいるわけです。

モノにあわせて家を引っ越すという発想は出てきませんが、それでもこだわりのソファとか、成功者のテレビとか、何と言っても主婦のあこがれのオーブン&食洗機とか。

宝くじでも当たらない限り、億のお金を手にするのなんて無理ですから、ぴかぴか生活よりも、ミニマル生活を目指すほうがまだ現実味はあるわけですが、心のどこかでバブル世代のDNAがふつふつとします。

ちなみに。

お金持ちの多いYouTuber業界の中にあって、ヒカキンさんは倹約家のほうだと個人的には思っています。

動画内の言葉の端々に節約家精神を感じます。節約できるところは節約して、使うべきところにはドンと使う。そんな感じでしょうか(と勝手に思っています)。

ぴかぴか生活も素敵だし、ミニマリストも捨てがたい……となると中間をとって「シンプルライフ」あたりでいいかな、なんて考えたりもするんですが、どんなもんでしょう?

——

先日読んだ本「エアー2.0」の中に

「昔見た映画の台詞に”お金で幸福は手に入れられない。けれど、不幸を追っ払うことはできる”っていうのがあった。成る程と思ったんだけれど、同時に結構ムカついたのよね」

という言葉があったのをふと思い出しました。

私はなるほどと思うだけで、ムカつきませんでしたけど。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク