【折り紙の箱】つのこう箱の折り方・作り方。節分の豆入れにも大活躍

シェアする

【折り紙の箱】つのこう箱の折り方・節分にぴったりな小箱の作り方

四すみがツンツンととがった「角香箱(つのこうばこ)」です。

子どもの頃から馴染みのある折り紙の小箱で、よく節分の豆などを入れて楽しんでいました。

入口が小さいわりには、底の部分が広がっているので、思ったよりたくさん豆が入るんですよね(笑)

スポンサーリンク

折り紙で作る小箱・つのこう箱の折り方、作り方

【折り紙の箱】つのこう箱の折り方・節分にぴったりな小箱の作り方

赤い線:山折り
青い線:谷折り

3. 袋の部分を開くようにしながら、折り広げます。折り鶴を折る時と同じ手順です。

4. 裏側も同じようにして折ります。

5. 折り線の部分で折ってから広げます。この時につけた折り線にそって、袋の部分を開いてからつぶすように折ります。

6. 裏側も同じように折ります。

7. 重なりあっている折り紙の上の部分だけを本のページをめくるようにして反対側に移動させます。

9. 残っている部分も同じようにしてすべて折ります。

12. 全体を軽く広げたら、底の部分が平らになるように整えます。

完成♪

普通の折り紙で折ると、裏側(白色)が見えてしまうので

両面折り紙で作ってみました。

ここで使っているのは、ダイソーのクラフト紙ベースの両面折り紙です。

水玉模様の折り紙なので、昔ながらのつのこう箱がポップな雰囲気に変身しました。

簡単に折ることができますので、よろしければお時間のある時にでもお試し下さい。

以上、折り紙で折る簡単つのこう箱の作り方でした。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする