ペーパークイリングで作る桜の花

シェアする

P3254030_2

春になると、たくさんの花が咲き乱れますが、やはり桜の存在感は別格ですね。

近所の桜がすでに咲いているのですが(ソメイヨシノではないので、開花宣言よりも早く咲きはじめます)その下を通るたびに、なとはなしにルンルンしてしまいます(笑)

スポンサーリンク

ペーパークイリングで作る桜の花の作り方

アロー(矢)の形で桜の花を作っていきます。

P3223988

まずはティアドロップを作ります。

P3223991

ティアドロップを親指と人差し指で挟み込んだら、中央部分を指で軽く押し込みます。

P3223992

アローが完成です。

このままでもいいのですが、桜の花びらにはもう少し丸みが欲しかったので。

P3223997

真ん中に寄せるようにして、両端を軽く押さえてみました。

P3224000

花びらっぽくなった……ような気がします。

P3254021_1

花びら5個で、桜の花が1個できあがります。

全部で4個の花を作ったのですが、変化を付けたかったので、すべての花の大きさを微妙に変えました。

一番小さい花は

3ミリ×7センチのペーパーで。

一番大きい花は

3ミリ×17センチのペーパーで作っています。

P3254022_1

つぼみ(ティアドロップ)
3ミリ×5センチ

ガク(アローの変形)
3ミリ×5センチ

アローの要領で形を作りましたが、中央のへこみ部分をアローより深くしています。

葉っぱ(マーキーズ)
3ミリ×5センチ

P3254026_1

茎(枝?)の部分はガクと同じ色のペーパーを短く切ってそのまま使っています。

P3254027_1

パーツをきれいに配置するのって、センスなんですかね、それとも場数?

うーむ、うーむ、うーむ。

実はこの桜、3パターン目なのです。何かが違う気がするのですが、4パターン、5パターン……と突入して行くと桜のシーズンか終わってしまいそうなので、とりあえずアップしてみました(汗)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする