【ハロウィン】紙で作る魔女の帽子の作り方(基本形)

10ハロウィン
Sponsored Link

さてさて。
ハロウィンシリーズまだまだ続きます(^^)

今回ご紹介するのは、ハロウィンでお馴染みの魔女の帽子。いろいろな作り方があると思うのですが、今回は一番シンプルな基本形とでも言うべき帽子の作り方です(^^)

スポンサーリンク

紙で作る魔女の帽子の作り方

【ハロウィン】紙で作る基本の魔女の帽子 | How to Make A Paper Witch Hat – DIY Halloween Decor

【ハロウィン】紙で作る基本の魔女の帽子 | How to Make A Paper Witch Hat – DIY Halloween Decor – YouTube
↑↑↑ 詳しくはこちらの動画で。

↓↓↓ 以下、ポイントをご説明。

▼ 半円を描く

直径12cmと直径11cmの半円を描きます。
外側の円の部分は、のりしろになります。

▼ 135°

135°で線を引きます。外側に5mm程度ののりしろを残したらカットします。

▼ のり付け

のりしろ部分にのりを付けたら……。

▼ 貼り合わせ

紙をくるん♪とまるめて貼り合わせます。

▼ のりしろ

のりしろ部分に細かく切り込みを入れたら、外側に折り曲げます。

▼ 円を描く

別の黒色の紙に直径4cmと直径7cmの円を描き切り抜きます。

▼ 2つ

こんな感じで切り抜いたら、同じものをもう1枚用意します。

▼ 半円を描く

なんだか、円だとか半円だとかばっかりでごめんなさい(~_~;)

赤色の紙に直径11cmと直径9cmの半円を描きます。

▼ 135°

こちらも135°で線を引きます。今回はのりしろはいりません。

▼ 切る

こんな感じにカットします。

これでパーツが全部そろいました。今度はこれらを貼り合わせていきます。

▼ 貼り合わせる

のりしろ部分にのりをつけたら、わっかを三角帽の上からかぶせるようにして貼り付けます。

▼ 残りも貼る

そのままだとのりしろ部分が見えてしまうので、三角帽を裏返しにして、のりしろをサンドイッチにするような感じでもう一枚のわっかを貼り合わせます。

▼ 赤いライン

赤い紙(リボンのつもり)にのりをつけて、帽子の下部分にぐるりと貼り付けます。

魔女の帽子のできあがり♪

シンプルで、どんなものとでも合わせやすいので、ハロウィン飾りで役に立つこと間違いなしです(^^)

今回は手のひらサイズで作りましたが、紙のサイズを変えれば人形やぬいぐるみ、はたまた人間がかぶることの出来る帽子も作ることができます(たぶん)。

どうしてもツバの部分が弱くなってしまうので、帽子を大きくする時は、厚紙に黒画用紙を貼り付けるなどして補強することをオススメします。

以上、紙で作る魔女の帽子の作り方のご紹介でした。

ではでは。