折り紙をUVレジンでコーティング「和テイストビジューのアクセサリーとこもの」

0702_1

私のようなアクセサリーをほとんど身につけない人間にとっては、いつもなら手に取ることのない本なのですが、大好きな折り紙と近頃人気のUVレジンを取りあげているということで、気になってしまいました。

スポンサーリンク

「和テイストビジューのアクセサリーとこもの」はこんな本

4834739988
和テイストビジューのアクセサリーとこもの (レディブティックシリーズno.3998)

折り紙がUVレジンに閉じ込められたアクセサリーが紹介されているのかな、とこの本を読む前までは思っていたのですが。

違いました。

鶴やユリなどの作品に、UVレジンを筆で塗って表面をコーティングしています。レジンというと閉じ込めるものという発想しかなかったので、

なるほど、この手があったか!という感じです。

和テイストへのこだわり

070202
和テイストということで、モチーフになっている折り紙作品は、あやめ(ユリ)、桜、ききょう、鶴、ちょうちょ、亀など、これでもかっ!というほどの和モチーフ。

外国人の方から見ると

ビューティフルッ!

ということになって、受けが良さそうなんですが、日本人の私からすると、

えっと、もうちょっと違うモチーフもプリーズです……。

という気がしないでもありません。鶴とかやっこさんとかって、あまりに身近すぎるんですよね。

あっ、でも夏祭りに浴衣なんて時には、ステキかも♪

まとめ

minne(ミンネ)などのハンドメイドマーケットで、手作り作品を販売する人が増えているそうです(by テレビ)。

樹脂粘土作品やポストカード、切り絵などジャンルは様々なのですが、折り紙作品はほとんどなく、あってもお値段的には安価に設定されていることがほとんどです。

海外のハンドメイドマーケットEtsyでは、それなりの値段で取り引きされていることを思うと、日本人にとって折り紙って身近すぎるんだと思います。

それでも自分は折り紙で勝負だ!

って方には、この本「和テストビジューのアクセサリーとこもの」は、折り紙をグレードアップさせる方法を考えるきっかけとして、かなり参考になるのではないかと思います。

私自身は、手作り作品を販売する予定も、折り紙でアクセサリーを作る予定もありませんが、折り紙がもっともっとポピュラーになって欲しいな、とはいつも思っています。

想像しているより、ずっと楽しいですよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク