【ペーパークラフト】紙を編んで作る熱気球

シェアする

P7072576_1

折り紙ならぬ「織り紙」という技法があるようで、紙を編むように交差させながら作っていく熱気球です。

スポンサーリンク

紙で作る熱気球の作り方

今回参考にしたのはこちらのサイトです。

070701
Mobile #001 Balloon | PaperMatrix

テンプレート

実際に作ってみた

P7072574
まずはテンプレートをプリントアウトして、線にそって丁寧に切り取ります。

カッティングマシンを使えばあっという間らしいですが、もちろんそんなものはないので、丁寧にハサミでチョキチョキします。

新種のヒトデのような形をしたものを2枚切り取ったら、カーブの向きが逆になるように2枚を重ね合わせ、お互いの紙が互い違いになるように編み込んでいきます。


Creating Balloon #001 – Condensed Version – YouTube

ちょっと厚めの紙がおすすめ

P7072572
最初はカラーのコピー用紙で作ってみたのですが、これだとちょっと薄すぎるようで、上手くいきませんでした。

編み込んで行く時に多少ひっぱったりするためか、紙がそれに耐えられず、変なところでシワが寄ってしまったり、切れそうになってしまったりするのです。

なので、最終的にはA4サイズのタント紙を使用しました。

クリップの使用をおすすめ

編んでいる途中、どうしても紙がずるずるとゆるんで来てしまうので、ゼムクリップがあると断然便利です。

作者の方もクリップを使いながら組み立てています。ちなみに、ピンセットも使っているようでしたが、私は持っていないので、爪楊枝で代用しました(笑)。

P7072566
可愛い見た目とは裏腹に、思っていた以上に組み立てるのが難しかったです。

最初は

カッティングマシンがあれば簡単にできるのにな、と思っていましたが

違いました

難しいのは(大変なのは)切る作業ではなくて、組み立てる作業です。

マシンがあろうがなかろうが「難しい」のには変わりありません。もっとも、それだけ挑戦しがいがあるってことにもなりますが。

作ってみようという方がいらっしゃいましたら、時間に余裕があるときに挑戦することをおすすめします。最初は組み立てに1時間くらい見ておいたほうがいいかもしれません。

ではでは。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク