マスキングテープで作る立体的なリボンの作り方

シェアする

P3163955_1

可愛いマスキングテープを見かけると、ついつい買いたくなるものの、さりとて買った後に何に使うかと言えば……。

あまり思いつかなかったりします。

手帳や日記を小まめにつける習慣もないのでなおさらです。

そんな出番のとーっても少ない我が家のマスキングテープたち。けれどそんな彼らにも、ようやく日の目を見る時がやってまいりました(笑)

スポンサーリンク

マスキングテープで作る立体的なリボンの作り方

031601

マスキングテープを好みの長さに切ります。

ここでは10センチのものを2本。5~6ミリのものを1本用意しました。

10センチの長さに切ったマスキングテープをべたべたした粘着面を内側にして半分に折ります。これを2本作ります。

この時、シワが寄りやすいので注意して下さい。どうしてもシワになってしまう場合は、最初に半分に切ってから貼り合わせると多少楽にできます。

031602

先ほどの半分にしたマスキングテープのうちの1本を山折り・谷折りのジャバラ状に折ります。

031603

残りの1本は真ん中から横半分に折って、両端をハサミでカット。あとは先ほどと同じようにジャバラ状に折ります。

031604

先ほど作ったパーツを5~6ミリ幅のテープを使って真ん中でとめます。

P3163951

リボンの形になるように、マスキングテープをていねいに広げたら出来上がり♪

P3163960

ただ今絶賛マイブーム中のクイリングに取り入れたら、ちょっといい感じになるんじゃないかなぁ、などと思ってるんですが……、まだまだ修行が必要そうです。

P3163965

で、でも、可愛い(親ばか・笑)

簡単に作ることができますので、もしよろしければお試し下さい。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク