【紙の花】ほんものそっくりな紫陽花

シェアする

P6022465

えー、紫陽花の花でございます。

Pinterestで見た画像に憧れて、紫陽花を作ろうと思い立ったまでは良かったのですが、思いのほか苦戦を強いられました。

その時のことは「紙で作る紫陽花が大変すぎて、人生初のクラフトパンチを買った話」で軽く触れていますので、よろしかったらそちらも合わせて読んでやってみて下さいまし。

スポンサーリンク

Pinterestで見つけた紫陽花



DIY Paper Hydrangea Flowers

テンプレート

ひとつの紫陽花を作るのに、小さな花が60個前後必要になります。最初は花を1つずつ切っていたのですが、あまりに効率が悪いので、最終的にクラフトスタンプを使って紫陽花を作ることにしました。

本物そっくりな紙のあじさいの作り方

ひとつひとつの花を作る

P6012421

カール事務器の「ミドルサイズクラフトパンチCP-2ペタル-4」を利用して、花を切り抜きます。

P6012424

大きさは2センチちょっと。

P6012426

そのままでは紫陽花っぽくないので、花びらに少しだけ切り込みを入れます。左がパンチしたままのもの、右が切り込みを入れたものです。

P6012431

ハサミの背中側などを使って、花びらを内向きにカールさせます。中央には、花心に見えるように紙の色より少し濃いめの小さな丸を描き、その周囲を黄系の色(紙に馴染む色)で塗ります。

P6012429

地味な作業ですが、出来上がりの姿を想像しつつ頑張って作ります。

花をワイヤーにとめる

P6022436

22番の紙巻きワイヤーを30本(!)をフローラテープでぐるぐると巻きます。

先端から4~5センチくらいのところはテープを巻かずにそのままにしておきます。

ちなみにワイヤーには20番、22番、24番などの番手があり、番号が大きいほど細いワイヤーになります。

P6022438

テープを巻いていない先端を写真のような形に開きます。

針金なので、後から形を整えればいいや、と思ってしまいがちですが、ここでほぼ形を決めてしまいます。後から動かせば動かすほど、バランスが崩れてしまいます(←私の場合)。

P6022443

ワイヤーの先端にグルーガンで花びらを貼っていきます。細い先端にちょこんと貼り付けているだけなので、雑に扱うとすぐに取れてしまいますので、注意して扱って下さい。

ワイヤーの先端をラジオペンチなどで少し丸めてあげると、接着面が増えるので取れにくくなるかもしれません(未経験)。

すべてのワイヤーの先端に花を貼り終えた段階で、ワイヤーを少しだけ動かして微調整をします。あくまでも少しだけです。

納得いく形になったら、隙間を埋めて行くような感じで、花と花の間に、別の花を貼り付けていきます。ここが最難関だったのですが、優しく、丁寧に、全体のバランスを見ながら貼り付けて下さい。

P6022445

葉っぱを用意します。

葉っぱよりも明るい色の色鉛筆で、葉脈を書き足します。

P6022448

真ん中の葉脈にそって折り目を入れたら、先端を少し丸めたりしながら形を整えます。

P6022449

グルーガンで葉っぱを貼り付けます。この時、葉っぱは茎に貼り付けるのではなく、先ほど花を貼り付けたワイヤー部分に裏側から直接貼り付けます。

出来上がり♪

P6022456

完成ですっ!

生花とドライフラワーの中間くらいをイメージして、落ち着いた色味の紙で作ってみました。

皆さんももしお気に召しましたら、覚悟を決めた上で(笑)ぜひ挑戦してみて下さい。

ではでは。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする