簡単!基本パーツだけで作る雪の結晶【ペーパークイリング】

基本パーツだけで作る雪の結晶【ペーパークイリング】

細長い紙をくるくるっと巻いて作るペーパークイリング。繊細な仕上がりなので、雪の結晶を作るのにぴったりです。

いろんなパーツを組み合わせて、ものすごく手のこんだ雪の結晶(スノーフレーク)を作ることもできますが、やっぱりうれしいのは「簡単なのに素敵に見える」作品ですよね(笑)

というわけで、リーフとティアドロップの基本パーツだけでペーパークイリングの雪の結晶を作ってみました。

スポンサーリンク

ペーパークイリングで作る雪の結晶の作り方

ペーパーはすべて3mm幅を使っています。

作り方

  • ビーズの周囲にペーパーを10センチくらい巻き付けてのりで貼ります。
  • ビーズを中心にして、ティアドロップ6個。
  • さらにその外側にリーフを6個。

▼ あっという間に雪の結晶(スノーフレーク)が完成です。

赤や青色の台紙にはって、ギフトタグにしても可愛いと思います。

▼ 一番のポイント

何といっても中央に光り輝くこのビーズ(笑)

紙だけでも繊細で素敵な雰囲気なのですが、雪の結晶というと、どうしてもキラキラしているものをイメージしてしまう自分としては、どこかが光っていて欲しかったのです。

私は使ったことがないのですが、ラメ入りのボンドでおめかしをするっていうのもありですね。

▼ こういうの
B000FSL8ZS
ヤマト 工作用品 グリッターグルー クラシック 10.5ml GGC10H 6カラー

あと、ラメ入りのマニキュアとか。

どうしても光らせたいもんで。
(~_~;)

以上、簡単!基本パーツだけで作る雪の結晶のご紹介でした。

ではでは。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク