【ペーパークイリング】紙で作る輪切りのキウイ C花・植物
Sponsored Link

※ブログ「紙花クイリング」で公開していた記事を転載したものです。

スーパーの果物コーナーなどでよく見かけるキウイ……なのですが、よくよく考えてみると、我が家ではあまり食べていませんでした。

酸味がちょっと強いってのもあるかもしれませんが、ひょっとしてひょっとすると見た目が地味なせいかもしれません。

真っ赤なイチゴの可愛さや、キリッとしたオレンジの華やかさ、はたまたサクランボの小っちゃくて可憐な感じと比べると……、う~ん、確かにちょっと地味ですね。

スポンサーリンク

ペーパークイリング(紙)で作る輪切りのキウイの作り方


꽃이되고 싶은 종이

こちらを参考にしながら、輪切りのキウイに挑戦してみました。

果肉

果肉(ティアドロップ)
3ミリ×15センチ

輪切り1枚につき16個のパーツが必要です。

果実の中心

果実の中心(タイトサークル/マーキーズ)
3ミリ×45センチ

リンク先サイトでは、タイト気味のマーキーズになっていますが、ここではゆるめのタイトサークルで作りました。

上下を押しつぶして、少しだけ楕円形にしてあります。

キウイの輪切りを楕円形にしようか、それとも円に近い形にしようか少し迷ったのですが、キウイと言えば円形のほうが個人的に馴染みがあるので、最終的には円に近い形に仕上げることにしました。

楕円形がお好みの方は、もっとゆるいタイトサークル(タイト気味のマーキーズ)を作って形を調整してみて下さい。

貼り合わせることこんな感じになります。

写真を撮り忘れてしまったのですが、果肉をバランスよく貼り付けたら、全体に果肉と同じ色のペーパー(3ミリ×30センチ)を巻きます。

さらに外側に、皮に見える濃い色のペーパー(3ミリ×30センチ)を巻いて完成です。

タネ

完成……なのですが、どうしてもタネを付けたかったので、ここからさらにひと手間加えてみました。

タネ
3ミリ×5ミリ

黒色のペーパーを5ミリの長さにカットします。

ピンセットを使って紙を半分に折ります。

果肉の隙間に押し込んでいきます(このちまちました作業が案外とクセになります)。

全部押し込んだら、裏側からボンドで軽くとめます。

出来上がり♪

濃い色のキウイも作ってみました。

こだわりのタネ(笑)

作り方自体は簡単なので、よろしければお試し下さい。