【ペーパークイリング】紙で作るガーベラ

C花・植物
Sponsored Link

※ブログ「くるくる紙花クイリング」で公開していた記事を転載したものです。

花びらを2段重ねにしたボリューム感のあるガーベラです。

スポンサーリンク

ペーパークイリング(紙)で作るガーベラの作り方

今回参考にしたのはこちらのサイト。


Quilling by Ada: Gerbera tutorial

詳しくはリンク先サイトを参考にしてみて下さい。

少しだけ紙のサイズや幅を変えて作ってみだので、以下は覚え書きもかねて。

花びら

2段重ねになっているので、大小2サイズの花びらを作ります。

花びら大(変形マーキーズ)
3ミリ×30センチ

花びら小(ティアドロップ)
3ミリ×15センチ

変形マーキーズは、

まずはティアドロップを作ってから。

両手を使って、S字を描くようなイメージで力を加えて変形させます。

花心

花心はリンク先サイトの紙幅と少し変えました。

自分で紙をカットして使っているので、紙幅は好きに変更できるのですが、市販のペーパーを使っている場合は、一番使いやすいサイズで作ってみて下さい。

花心(フリンジ)
・濃い茶 0.5センチ×30センチ
・薄茶 0.8センチ×30センチ
・黄色 1.1センチ×30センチ

組み立て

花心の裏にボンドをつけて。

台座に貼り付けます(⇒台座の作り方はこちら)。

花心の周囲に大きいほうの花びらを貼り付けます。

さらにその上に小さいほうの花びらを貼り付けます。

ここでは花びらをティアドロップの形にしていますが、大きい花びらと同じ変形ティアドロップにしても可愛いです。

出来上がり♪

花心のサイズ、花びらの紙幅、色などを変えて3種類作ってみました。

個人的お気に入りは、白くて花心の大きい一番手前の花です。