【ペーパークイリング】紙で作る紫陽花

【ペーパークイリング】紙で作る紫陽花 C花・植物
Sponsored Link

※ブログ「くるくる紙花クイリング」で公開していた記事を転載したものです。

日本の初夏に欠かせない花、紫陽花(あじさい)。

シンプルな形の花なので、形作るのはそれぼど難しくはないのですが、なにしろ花の数が多いので、どれだけの忍耐力を発揮できるか。そこにすべてがかかっているような気がします(笑)

スポンサーリンク

ペーパークイリング(紙)で作る紫陽花の作り方

▼ とにかく花を量産します。数はお好みで♪

花びら
1.5ミリ×30センチ

まずはタイトサークルを作ります。

あまり固く巻いてしまうと後で変形させる時に大変なので、ほどほどの固さのタイトサークルにします。

▼ マーキーズ

▼ マーキーズを縦位置に持って

▼ 変形

▼ 四角形

▼ 花

花びら4枚で花がひとつできます。

中央に超ミニサイズのタイトサークルを乗せてみたのですが、あまりいい感じにならなかったので、とりあえずこのままの形で制作を進めることに。

葉っぱ

クイリングの手法は使わずに、色紙(ここではタント紙)を切り抜いて利用しました。

先端のとがった楕円形に切り抜いたあと、葉のふちのギザギザ部分をハサミでちまちまと切断。そのあとで紙をフェルトの上にのせ、爪楊枝で葉脈となる部分をきつめになぞり、へこみを付けました。

出来上がり♪

……なんですが。

やっぱり花心がないと寂しいってことで。

急遽、3ミリのビーズを中央に乗せました。

写真だと伝わりにくいかもしれませんが、紫陽花の表情がパッと華やかになりました。

花を重ねて貼り合わせているので、ボリュームも出ました。

作るのにちょっと時間はかかりますが、簡単なのでよろしければぜひお試し下さい。

雨の日に作業をしたら、さらに気分が盛り上がる……かも。