道具は大事。オルファのカッターマットが抜群に使いやすくて紙を切るのがさらに楽しくなった

シェアする

P2263789

先日、念願だったオルファのカッターマット(カッティングマット)を購入しました。

A4サイズにしようか、それよりひと回り大きいA3サイズにしようか、店頭に行ってはあれこれと迷っていたのですが、amazon.co.jpをのぞいてみたらこれがなんと店頭の約50パーセントオフ!

1000円しないで買えることを知ったものですから、速攻でA3サイズをポチりました(笑)

スポンサーリンク

今まで使っていた「イーマット」

P2263800

今まではオルファのこの半透明の緑色をしたカッティングマット「イーマット」を使っていました。

あまり人気がないのか、amazon.co.jpでカッティングマットで検索しても引っかからないので、知らない方も多いのではないかと思います。

私はスーパーの文具コーナーで見つけて購入したのですが、機能性は今ひとつだったなぁ、というのが正直な感想です。

P2263803

半透明なのがダメ

実を言えばこの半透明の緑色が可愛いな、と思って購入したマットだったのですが、実際に使って見るとこれがまったくもっての失敗でした。

小さな物を切る時などに、ものすごく切りにくいのです。

紙の色とマットの色が変な具合に馴染んでしまって、切る部分がぼやけてしまうような感覚……とでも言えばいいでしょうか。

マットの下に黒っぽい紙を敷いて使ってみたりもしましたが、やはり切りにくいことには変わりはありませんでした。

表面が固い

表面が固いという表現があっているのかどうかはわかりませんが、紙を切った時にカッターナイフがマットを上滑りするような感覚がありました。

ちょっとしたことなんですが、これが何とも気持ち悪い。

滑らないように力を入れると、今度は力を入れすぎてしまうようで、紙そのものが変なほうにずれてしまったり、カッターがマットに深く刺さりすぎてしまったりで、その力加減に気を使いました。

紙を切るということがかなりストレスになっていました。

それでも今まで使い続けたのは。

2枚まとめて買ってしまったから。

もうこれにつきます。

マットなんてどれも大して変わりはないだろうと思っていたので、色の可愛さにひかれて一度に2枚買ってしまったのです。

途中で放り出してしまっても良かったのですが、それも何だか気がひけて、長いことだましだまし使っていました。

が。

カッターマットもかなり老朽化してきて、いよいよ買い換えの時期がやって来ました。

ついに来た!オルファのカッターマット

今度は見た目ではありません。

使いやすさ重視です(きっぱり!)。

P2263799

表と裏で色が違う

片面が白っぽい色、もう片面が黒っぽい色になっていて、切る紙の色によって表と裏を使い分けることができます。

たったそれだけ?

と思うかもしれませんが、実際に使ってみるとこの配色が癖になります。目の疲れが全然違います。

ソフトな感触

P2263795

紙を切った時に、カッターの歯がマットにすうっと入り込むような感覚があります。

マットの表面が以前のものに比べて柔らかいようで、力を入れすぎることなく、快適に紙を切ることができます。

癖になる心地よさです(笑)

唯一の欠点は静電気

紙を切る感触は申し分のないこのマットなのですが、唯一の欠点は静電気です。

紙を切った後の切りカスがマットにへばりついてしまって、なかなか取れないなんてことがよくあります。

紙を取ろうとしてマットをこすってしまうと、余計に静電気が発生してしまって、さらに取れなくなってしまいます。

これさえなければ最高の使い心地なのですが、それでも使い始めの頃に比べて最近は静電気が多少収まって来た……ような気がするので、もう少し使い込んだら少しは良くなるか!?

などと、絶賛希望的観測中です。

切り絵に挑戦

P2273804

ちょこちょこ使ってはいたのですが、

やはり紙を切るといえば切り絵でしょ。

ってことで、黒色の折り紙を使って切り絵に挑戦してみました。

下絵にそってカッターの歯をあて、すっと切る。

ひゃぁ~、楽しいっっ!

紙の切れる感じといいい、マットの上をカッターの歯がすべる感触といい、申し分ありません。

P2273807

ストレス解消にということで大人の塗り絵が流行っていますが、切り絵にもかなりのストレス解消効果がありそうです。

集中度で言えば、私の場合は塗り絵より切り絵のほうが確実に上です。

こんなに楽しく切り絵が出来るなら、もっと早くにカッターマットを買い換えるべきでした。

紙を切ることがストレスになっていた以前が嘘のようです。

趣味の紙工作なので、ついついあり合わせのもので済ませてしまいがちなんですが、道具って大事なんだなぁ、とつくづく思ったオルファのカッターマットだったのでありました。

シェアする

フォローする

スポンサーリンク