簡単&可愛い♪紙で作る立体的な傘の作り方

紙で作る立体的な傘の作り方 Cその他
Sponsored Link

変わり種の傘はいろいろと登場していますが。
傘の基本形とでもいうべきあの形は、もうずっとずっとずーっと変わりませんよね。

タイヤと同じように、傘の形はすでに最終進化形にまで到達してるんじゃないかしらん?と思ってた時期もあるのですが。

近頃は、

実は傘のあの丸くて愛嬌のある形が私たちは潜在的に好きなのかも♪

って思うようになりました。よ~く見ると傘って可愛いくないですか?でもって、キレイな色やデザインだと、持ってるだけでめっちゃテンションあがるし。意外と愛されアイテムなんじゃないかなぁ、と思うのです(^^)

スポンサーリンク

紙で作る傘の作り方

簡単!紙で作る立体的な傘の作り方 – DIY How to Make Paper Umbrella

簡単!紙で作る立体的な傘の作り方 – DIY How to Make Paper Umbrella – YouTube

↑↑↑ 詳しくはこちらの動画で。

↓↓↓ 以下、ポイントをご説明。

折り紙などお気に入りの模様の紙を円形に切り抜きます。ここでは直径36mmのサイズで切りました。

▼ 半分に折る

半分に折って、折りすじをしっかりとつけます。

▼ 巻く

折りすじにそって丸めていきます。無理に巻いて折りすじが歪んでしまわないように、丁寧に巻きます。

▼ のり付け

巻いた部分がほどけてしまわないようしっかり押さえながらのり付けをします。

▼ こんな感じ

同じものを全部で6個作ります。

▼ 貼り付け

先ほどつけた折りすじどうしが接するように3個ずつのり付けします(パーツが2つできます)。

▼ 傘の柄

7cmにカットしたワイヤーの先端を傘の柄に見えるようにくるりと丸めます。

▼ 貼り付け

3個にまとめたパーツの中央にワイヤーを置いてのり付けします。

▼ さらに貼り付け

残りのパーツを反対側から貼り付けます。

▼ こんな感じ

しっかりと貼り付けたら完成です。

完成

紙のデザインによって、雨傘にも日傘にも見えるお役立ち度満点の(?)紙の傘です。

ここでは折り紙を使用しましたが、カラーコピー用紙でも作ることができます。色画用紙だと少し紙が厚すぎるかもしれません。

簡単に作れるのでお時間のある時にでもぜひ挑戦してみて下さい。

以上、紙で作る立体的な傘の作り方のご紹介でした。

ではでは。