紙で作る立体的なヒマワリの花

C花・植物
Sponsored Link

ほんとに、ほんとに、ほんっとに、毎日暑いですね。

ひまわりを見ると、余計に暑くなるような気がして、昔はあまり好きな花じゃなかったのですが、ここ数年は、ひまわりですら気の毒に思えるような酷暑続き。ひまわりを見たくらいでは、私の体感温度はびくともしなくなりました(笑)

スポンサーリンク

立体的なヒマワリの作り方

本物そっくり!紙で作る立体的なひまわりの花の作り方 DIY How to Make Paper Sunflower Wall Decor

本物そっくり!紙で作る立体的なひまわりの花の作り方 DIY How to Make Paper Sunflower Wall Decor – YouTube

↑↑↑ 詳しくはこちらの動画で。

↓↓↓ 以下、ポイントをご説明。

▼ 切る

黄色のお花紙を4等分します。

普通のお花紙で作るポンポンフラワーは、紙を何枚も重ねて作るのですが、このヒマワリはお花紙1枚で花が1個作れます。エコ!?

▼ 重ねる

4等分したお花紙を重ねて。

▼ 折る

いつものポンポンフラワーの要領でジャバラ折りにします。

▼ 切る

真ん中をホッチキスでとめたら、先端部分が三角形になるようにカットします。

▼ 広げる

お花紙を1枚ずつ丁寧に広げます。後から花心を貼り付けるので、中心部分は紙を広げずにそのままにしておきます。

▼ 切る

6cm x 7cmの紙を半分に折り、葉っぱの形になるようにカットします。

▼ 折る

葉脈に見えるように、葉っぱに折り目を入れます(ジャバラ折り)。

▼ こんな感じ

▼ 紙6本

1cm x 30cmにカットした紙(タント紙・色画用紙など)を3色2本ずつ、計6本用意します。

▼ 切る(フリンジ)

端から細かく切れ込みを入れていきます。1枚ずつカットしてもいいのですが、なるべく早く仕上げられるように、ここでは2枚かさねて一気にカットしています。

▼ 貼り合わせ

同じ色どうしを貼り合わせます。

▼ 巻く

黒色と焦げ茶色を重ね合わせたら、端からピンセットでぐるぐると巻いていきます。ちょっと緩みやすいですが、爪楊枝などを芯にして巻いていっても大丈夫です。

▼ さらに巻く

黒色&焦げ茶のペアを巻き終えたら、そこから更に緑色を巻いていきます。

▼ のりで補強

全部巻き終えたら、裏側に木工用ボンドを伸ばして、全体がぐずぐずと緩んでいかないように補強します。

▼ 広げる

ボンドが乾いたら、フリンジ部分を指先で外側へ広げていきます。

▼ こんな感じ

▼ 貼り付け

お花紙でつくった花に、花心を貼り付けます。

▼ 花3つ

ひまわりの花は全部で3個用意しました。花や葉っぱの数はお好みで調節して下さい♪

▼ 額に貼り付け

100均で購入したフレームに、グルーガンで花と葉っぱを貼り付けていきます。

ひまわりの花が映えるように、水色の台紙を敷きましたが、出来上がってみたら……、まあ、ほとんど見えませんでした(~_~;)

ひまわりの花のできあがり

ひまわりの花に興味津々で近寄ってきた家のネコと一緒にパチリ♪

ネコの色が地味なので、ひまわりの黄色が目立ちます(笑)

お花紙というと、どうしても幼稚園や小学校のポンポンのイメージが強いのですが、このひまわりはお花紙で作っているとは思えないような、本物っぽい仕上がりになります(^^)

花の大きさや個数を変えたり、フレームの色を変えたりすれば、また違った雰囲気のアートフレームになりそうです。

フリンジを作るのがちょっとだけ面倒ですが、あとは簡単にできるので、もしもお気に召しましたら、ぜひ作ってみて下さいませ。

以上、紙で作る立体的なひまわりの花の作り方のご紹介でした。

ではでは。